ホワイトカラー6-6「さようならニール」
Au Revoir


white-collar-au-revior-01.jpg

最終回のあらすじ は…

国際的窃盗団ピンクパンサーズを逮捕できれば、自由を得られることになったニール。
危険を冒してパンサーズに潜入するも、そこには同じようにインターポールに雇われて潜入中のマシュー・ケラーの姿が。
因縁の相手ケラーとの共闘に苦慮しながらも、パンサーズの仲間として連邦準備銀行から5億ドルを強奪する計画を進め、最終段階にはピーターも引き入れる。
ほぼ計画通りに事を遂行し、モジーの助けを借りて現金の一部をかすめ取ることにも成功。
最終的に、成功に酔いしれるパンサーズをFBIが強襲、全員逮捕となる。
直後、ニールはピーターの目を盗んでケラーとともに姿を消し、モジーと合流してケラーに分け前を渡すも、彼に全額を要求されたため、隠しておいた銃を突き付ける。
モジーを逃がした後、ケラーともみ合いになり、胸に被弾。
追跡装置でニールを追って来たピーターは、逃げたケラーを射殺し、救急車で運ばれるニールを見送るが、病院で彼の遺体と対面し、悲嘆に暮れる。

一年後、ピーターはNY支局の部門長を続けるかたわら、エリザベスとともに息子ニールの子育てに奮闘中。
そんな中、自宅にボルドーワインが届き、そのコルクに記された"701"の数字に目が留まる。
それは、ニールの遺留品の鍵に記されたのと同じ数字。
かつて訪れた港の701番のコンテナを開けると、そこにはニールが死の偽装を仕組んだと見られる数々の痕跡が。
晴れて自由の身となったニールは、パリで新たな人生を謳歌する。

[ 続きを読む ]

【あらすじ】
ついにニールの減刑に関する聴聞会が始まる。
ジューン、サラ、エリザベス、とニールに有利な証言をしてくれる証人が並ぶ一方、ダイアナ、ジョーンズ、ピーターの証言はどっちに転ぶか分からない。
[ 続きを読む ]

【あらすじ】
ニールはピーターからの指示により、バイオリンの名器ストラディバリウスの捜索に駆り出され、しかもそれは保険調査員のサラからの依頼。
一方ピーターは、エリザベスの誕生日を祝うため、週末は彼女の両親も呼び、仕事を忘れて過ごす予定。
[ 続きを読む ]

【あらすじ】
カリスマ的な詐欺師、ゴードン・テイラーがNYに現れ、メンバーを現地調達してチームで窃盗に及ぶ計画を立てているとの情報が入る。
未だ逮捕歴のない手強い相手に対し、FBIはまずはその雇い主といつ何を盗むのかの調査に乗り出す。
[ 続きを読む ]

【あらすじ】
ピーターの持ち帰った無線傍受装置で強盗を企てる通話を耳にしたエリザベス。
DSC_0456.jpg
しかしその時間、その場所では何も起こらず、ピーターからは「誘拐されたことで過敏になっている」と被害妄想扱いされる始末。
[ 続きを読む ]



最新記事